信用保証制度の不正利用排除への取り組み

反社会的勢力は信用保証協会の保証対象とはなりません

北海道信用保証協会では、信用保証制度を悪用する行為を排除し、公正な保証取扱をするために保証申込に際し、次のとおり対応します。

信用保証協会では、平成21年7月より「反社会的勢力は信用保証の対象とならない」ことを信用保証委託契約書等においても明記しているところですが、「暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者」および「反社会的勢力の共生者」についても信用保証の対象とはなりません。

また、信用保証協会は、申込人または保証人が反社会的勢力に該当しないこと、および将来にわたって反社会的勢力に関係しないことの確約がなければ信用保証の対象としておりません。

  • 次のいずれかに該当する者、その他これらに準ずる者は保証の対象となりません。
    • ①暴力団
    • ②暴力団員
    • ③暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者
    • ④暴力団準構成員員
    • ⑤暴力団関係企業
    • ⑥総会屋等
    • ⑦社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等
    • ⑧暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有する者
    • ⑨暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有する者
    • ⑩自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有する者
    • ⑪暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有する者
    • ⑫役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有する者

また、申込人または保証人が、自らまたは第三者を利用して暴力的な要求行為や法的な責任を超えた不当な要求行為等を行う場合も保証の対象としておりません。

信用保証料以外に、手数料、入会金、あっせん料、仲介料は一切いただいておりません

悪質な仲介業者等、いわゆる金融あっせん屋が保証申込にあたり、あっせんを行った手数料等の名目で、不法な報酬を要求するケースが発生しております。信用保証協会では信用保証料以外には、手数料、入会金、あっせん料、仲介料等は一切いただいておりません。

第三者介入、同席の案件には応じられません

監督官庁および警察庁の指導により、第三者が介入、または相談窓口が認めた方以外の第三者が同席する案件には、応じられないこととなっております。

申込人本人(法人の代表者を含む)になりすました者の保証には応じられません

申込人本人以外の保証には、応じられないこととなっております。

ご不審な点はすぐにご連絡を

北海道警察本部
捜査第四課または組織犯罪対策課
011-251-0110

北海道信用保証協会
札幌本店 011-241-2231 旭川支店 0166-24-1441
函館支店 0138-23-8425 釧路支店 0154-23-1361
帯広支店 0155-24-3658 室蘭支店 0143-45-6001
北見支店 0157-24-5196 滝川支店 0125-23-1201
小樽支店 0134-22-5188 苫小牧支店 0144-33-1751