個人情報の取り扱いについて

「個人情報の保護に関する法律」施行に伴う対応

平成17年4月から、『個人情報の保護に関する法律』に基づき、信用保証付き融資のご利用の際は、「個人情報の取り扱いについて」により、個人情報の第三者提供等に関して予めお客様のご同意をいただくことになりました。

「個人情報の保護に関する法律」とは

個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的として、個人情報を取扱う事業者の義務などを定めた法律で、平成17年4月1日から全面施行されました。
この法律でいう「個人情報」とは、生存する個人に関する情報で、氏名、生年月日その他により特定の個人を識別することができるものを指します。

信用保証協会では、同法を遵守し、利用目的をホームページまたはポスター掲示によって公表した上で、個人情報を適正に取得し、また利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。
取得後は情報の漏洩や滅失を防ぐために安全管理措置を講じ、ご本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。

北海道信用保証協会の宣言

『個人情報の保護に関する法律』の施行に伴い、北海道信用保証協会では、次の宣言等を制定いたしました。